長く使ってるインターホンはリニューアルしよう|交換は業者に頼もう

寿命が過ぎたら取り換え時

インターホン

共用と専有がある集合住宅

インターホンはいつまでも使えると思いがちですが、実は寿命があるのです。いつでも電源が入っている状態で、365日使用可能なインターホンの寿命は、およそ15年とも言われています。目立った故障がなくても、経年劣化により不具合が起きている可能性があり、突然ならなくなったり、システムダウンにつながることもあるのです。特にマンションなどの集合住宅では、各戸が連動していることも多く、1戸だけの修理が効かないことも多いのです。そこで15年を経過したインターホンはリニューアルすることがおすすめです。複数の人が出入りするマンションでは、機能が充実した最新機種にリニューアルすることで、防犯性が高まるというメリットがあります。専門業者に依頼することで、各戸のアフターサービスやメンテナンスもお任せとなるために、管理組合の負担も軽くなります。また最近機種では、電子回覧板機能がついたインターホンもあり、掲示板にお知らせを貼りだしたり、回覧板を回さなくても各戸に連絡が出来るようになっています。リニューアルするときは、機能性も大切ですが、使いやすさも考慮するといいでしょう。高齢者が住んでいる場合は、タッチパネルや受話器つきなど、使いやすさを考えた機種がおすすめです。1人暮らし用のマンションでは、オートロック機能の解除がインターホンと連動していると安心です。マンションでは共用部と専有部があるので、業者に依頼して分けて調査し、適切なリニューアルを行うといいでしょう。

インターホン

簡単に交換できる

業者に頼んでインターホンを購入し、交換工事をしてもらうことは大切です。しかも、激安価格で購入できることもあります。簡単に交換ができるので、よく業者を比較しましょう。より良いところを選択することが大切です。

玄関

資格を持っているか確認

インターホンを交換するために業者に依頼する時には、必ず電気工事士の資格を持った業者を選ぶことが大切です。また、交換後にインターホンの使い方を説明してくれたり、事前に見積もりを出してくれたりする業者を選ぶのがポイントです。

玄関

不安を解消

マンションに住んでいるとインターホンで、外部と連絡を取り合う機会が多くなります。しかし古い機種なら性能が限られていて音声対応しかできず、外が見えないので不審者対応が十分ではありません。そこでインターホンの機種を変更して防犯対策をしましょう。